粉塵爆発(粉じん爆発)の試験・調査はお任せください

SERVICE 環境衛生研究所の営業品目

ホーム > サービス > 粉粒体物性測定 > 壁面摩擦係数

壁面摩擦係数

用途

輸送、付着性

概要

粉体と金属との摩擦係数
粉体を配管で輸送するとき、粉体試料と配管材料との接触面での付着によって摩擦が生じて輸送時の動力に負荷がかかる。そこで粉体を摩擦が少ない容器に入れ、水平方向に牽引することによって粉体面と対象材料との面の摩擦力を測定する。
粉体の輸送時の配管との摩擦度合いを表す。

測定器

原理及び理論

金属板上に上下面が開放になった円筒状の試料カップを置き、その中に粉体を入れ、試料カップを牽引したときに動き出す力(g)を粉体質量と容器質量とで除した値である。

計算式

  • 摩擦係数=牽引力/(粉体質量+容器質量)----------[10]
  • 牽引力 :テンションゲージ表示値(g)
  • 粉体質量:使用した試料質量
  • 容器質量:使用した円筒状試料カップの質量